Browse Author

admin

絶対に失敗したくない!知っておきたい結婚式場選びのポイントって?

一生に一度の結婚式だから結婚式場選びは慎重に

結婚の予定がある人の中には、結婚式場選びで頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。希望の条件に当てはまる結婚式場がなかなか見つからない、余裕が無いのであまりお金をかけることができないなど、結婚式場選びにまつわる悩みはさまざまです。しかし、一生に一度の結婚式なのだから、面倒だからと言って適当に選んでしまって後悔したくないですよね。

招待客の人数や年齢に合わせて選ぶ

結婚式場の選び方は招待客の人数によって変わってきます。親戚や友人知人、会社関係の人など、招待したい人が多い場合は、大人数に対応した結婚式場を選ばなければなりません。反対に、ごく親しい人のみを招待する場合は、一般的な結婚式場だと人数に対して広すぎて寂しい感じになってしまうことがあるため、少人数専用の結婚式場やレストランウェディングがおすすめと言えるでしょう。

また、招待客の年齢なども重要なポイントです。高齢者が多い場合は、段差が少なく階段を使わずに移動できる作りの結婚式場だと楽に移動できます。招待客の中に小さな子供を連れた人がいる場合は、ベビーチェアやベビーベッドが完備した広いトイレや、託児所が完備した結婚式場が安心と言えるでしょう。

希望を叶えたいけれど予算も大事

どうしても着たい有名デザイナーのウェディングドレスがある場合は、購入するのではなくレンタルすることで費用を抑えることができます。また、結婚式の招待状作りや会場の飾り付けなど可能な限り自分達でやるようにしたり、できるだけ安い時期や時間帯を選ぶようにするのも費用を抑えるためのポイントです。ただし、いくら費用を抑えたいからと言っても、料理や飲み物のランクを落とすのはおすすめできません。料理は招待客が楽しみにしているポイントの一つなので、ここをケチってしまうと印象が悪くなることがあるので注意が必要です。

希望に合う結婚式場はどうやって探す?

条件がいくつもある場合、数多くの結婚式場の中からぴったりの条件に当てはまるところを探すのは大変ですよね。そんな時は結婚式場の検索サイトの利用がおすすめです。条件を選択して検索することで、条件に当てはまる結婚式場をすぐに探し出すことができます。プランや料金など、詳細な情報も掲載されており、わからないことや知りたいことがあれば、直接問い合わせることも可能です。

また、結婚式場選びには口コミサイトも役に立ちます。こうしたサイトでは、実際に結婚式を挙げた人の口コミが多数掲載されているので、結婚式場のパンフレットやホームページを見ただけではわからない情報も入手できます。

名古屋の結婚式場といっても、さまざまな選択肢があげられます。そこで最初に全体の選択肢を把握することで、条件に合わせて相性の良いところを探っていくことが可能です。

これを守ればお見合いが上手く行く可能性大!お見合いで絶対に気をつけたいこと4つ

遅刻をしてはいけない

お見合いでやってはいけないこと、それは遅刻です。仲のいい関係ならまだしも、お見合いのような初対面の場で遅刻すると、その人の印象は最悪。どんなにプロフィールやステータスが魅力的だったとしても、遅刻しただけで破談になる可能性もあります。時間を守れない=約束を破るということであり、そのような人を「生涯のパートナーにしたい」と思う人はあまりいないはずです。お見合いでは最低でも10分前に現場に到着するようにし、待ち合わせの場所に立って相手を待つようにしましょう。

服装は清潔感を意識する

清潔感は顔よりも重要と言われるほど、大事な要素。特にお見合いで初めて会う場合、服装以外に相手を知る手がかりはほとんどないでしょう。身だしなみが雑でだらしなければ、「この人とは結婚できない」と思われても仕方ありません。清潔感を出すことで、真面目で誠実な印象を与えることができます。婚活ファッションに 奇抜な個性は必要ありません。お見合い時の服装は、清潔感を基準に選ぶようにしましょう。髪型もボサボサと伸ばしっぱなしにするのではなく、整髪料でしっかりと整えることが大切です。

楽しい会話を意識する

初デートで特に大事なのが、会話です。会話が盛り上がれば盛り上がるほど、次も会いたいと思ってもらえるようになります。お見合いで盛り上がりやすいのが、趣味や好きなことの話です。自分のことばかり話すのではなく、相手に興味を持ち、相手の興味のあることなど中心に話すと会話も続きやすいでしょう。お見合いの会話でやってはいけないのが、質問攻めするということです。初対面で相手のことをたくさん知りたいという気持ちはわかりますが、淡々と質問だけをしていくと「尋問みたい」と相手は感じます。ただ質問に答えるだけでは、相手も面白くありません。質問に答えてくれたらきちんとリアクションをし、一つの話題を深く掘り下げて行くことが大切です。

お見合い中は極力笑顔で過ごす

相手に好印象を与えたいならば、笑顔を忘れないということが大切です。お見合いは将来の結婚相手が決まるかも知れない重要なイベント。そのため、顔がこわばったり、ガチガチに緊張したりしやすいです。緊張して頭の中が真っ白になると、本来の自分らしさが出せなくなってしまうでしょう。笑顔で過ごすことで気持ちをリラックスさせることができますし、相手に安心感を与えることもできます。笑いながら話すと「あなたと一緒にいて楽しい」ということが相手にも伝わるはずです。笑顔は最高の化粧とも言われるので、笑顔でいると相手から魅力的な人に映るようになります。親しみやすさをアピールするために、お見合い中は極力笑顔で過ごすようにしましょう。

結婚相談所は価格が高いイメージがあります。パーティーやイベントなど単発の企画をしているところもあり、これらの参加費用は安いです。

結婚式場選びの盲点!?これだけはチェックしておきたい事

雰囲気は変えられない!

こんな結婚式がやりたい!という具体的なイメージがある人は勿論、なんとなくこんな感じがいいなぁ、というぼんやりしたイメージしかない人も、確認しておきたいのが式場の雰囲気。それぞれの結婚式場には、得意としている雰囲気が存在します。ガーデンウェディングに力を入れているナチュラルな式場、厳かな挙式を実現できるクラシカルな式場、砕けた雰囲気で参列者と楽しめるカジュアルな式場。式場見学をする際に、挙式会場や披露宴場のほかに、庭や写真撮影スポットなどもチェックして、その式場が得意としている雰囲気を見ておきましょう。

着たいドレスがない!?

「ドレスの種類豊富です!」「数百着ご用意しています!」という謳い文句に安心して、いざ試着に行ったら自分の着られるサイズのドレスは数点しかなかった、なんてガッカリですよね。どんなに種類豊富でも、その中に自分が着たいと思えるドレスがなければ意味がありません。式場によって、取り扱いのあるドレスブランドは決まっていることが多く、イメージが似通っていることもあります。事前に試着室を見学したり、ドレスのカタログを見せてもらったりして、自分の好みがあるかどうかチェックしておくとよいでしょう。もしも、このブランドのドレスが着たい!と予め決まっている場合は、取り扱いがあるかどうか、提携ショップはあるかどうかを、必ず確認しておきましょう。

お口に合わない!?試食は欠かせない

せっかく来てくれたゲストには、美味しいお料理でおもてなしして、満足して帰ってもらいたいですよね。式場見学の際には必ず試食をして、料理の味をチェックしておきましょう。年配の方を多く呼ぶ場合は、濃い味や個性的な料理は避けたほうが無難です。ゲストの苦手食材に対応してもらえるかどうかや、コース料理の内容をアレンジできるかどうかも式場によって異なります。また、ドリンクの種類も事前に確認しておくと安心です。

持ち込み料で予算オーバー!?

式場が概算してくれる予算に入っていないことが多い為、後々予算オーバーになる原因になりがちなのが持ち込み料です。どうしても着たいドレスが提携店になかったから持ち込みたい。友人が作ってくれたブーケを使いたい。アクセサリーは安く済ませたいから自分で作りたい。卒花さんが譲ってくれたベールやグローブを使いたい…etc.

実はこれらのどの場合も、持ち込み料が発生することがあります。せっかく節約になると思って安いものを探し回ったのに、持ち込み料で予算オーバーだなんて悲しすぎますよね。ドレス、靴、アクセサリー、ブーケ、カメラマンさん、ヘアメイクさん、引き出物、プチギフト…など、持ち込みをした場合はどれくらいかかるのか、事前に確認しておくことをお勧めします!

神戸の結婚式場には、神戸ならではのオシャレな雰囲気の式場が数多くあり、駅から近くてアクセス抜群な式場が人気です。

ウエディングを盛り上げる!ペーパーアイテムは結婚式場の雰囲気に合わせよう!

結婚式場で必要になるペーパーアイテムの種類

結婚式場では数々のペーパーアイテムが必要になります。省略することもできますが、招待状やメニュー表など必ず必要になってくるアイテムもあるので、何をどれだけ準備するのかを事前に決定しましょう。主なペーパーアイテムには、招待状・席次表・メニュー表・芳名帳(ゲストブック)・席札・プロフィールブックなどがあります。多くの場合で一番最初に取りかかるのが、招待状です。結婚式に参列していただきたいゲストの方に送るものなので、どのようなスタイルの結婚式でも招待状を送付するのが一般的です。

招待状には形式があり、本状以外にも返信用はがきや会場までのアクセスがわかる地図なども一緒に送付します。招待状の中に封入するアイテムが多いため、一口に招待状といっても印刷物が多いため意外と時間がかかるので注意しましょう。またゲストの方から出席の返信を受け取る必要があるので、結婚式の日から逆算して計画的に準備を進めないと招待状の送付が間に合わなくなってしまいます。結婚式のテーマなどが決定していれば、それに沿ったデザインの招待状を準備するのがベストです。招待状や席次表は、ゲストの方の名前を間違えることがないように、何回もチェックを行いましょう。

ペーパーアイテムはテーマを決めるのがおすすめ!

ペーパーアイテムは結婚式場でゲストの方の目に触れるものですから、同じデザインや色にするのが統一感があっておすすめです。例えば春に結婚式をあげる場合には花のモチーフを取り入れたり、夏は海をテーマにしたりします。ペーパーアイテムは結婚式の雰囲気を作り出す役割も持っていますので「こんな結婚式にしたい」という希望に合わせて作りましょう。ペーパーアイテムは式場側が用意してくれる場合もありますが、自分たちのイメージに合うものがない場合には手作りをしたり、自分たちで印刷注文をしたりします。

ペーパーアイテムを手作りする場合や、印刷の発注を出す場合には余裕をもって作業を行うのがポイントです。ゲストの数によっては作業が大変になるので、どこまで自分たちの手でやるのかの見極めが肝心となります。また自分たちのイメージする結婚式が、会場自体の雰囲気とマッチするのかも事前にチェックしましょう。例えばペーパーアイテムだけ派手すぎたりすると、会場の雰囲気と合わなくて違和感が出てしまいます。ペーパーアイテムはあくまでも会場の一部ですので、雰囲気に馴染むようなデザインであることが第一条件です。会場の見学に行った際に会場全体の雰囲気やバランスなどもチェックしておくとペーパーアイテムを作りやすくなります。

奈良の結婚式場を探している場合、ロケーションで選ぶことも一つの方法です。歴史的な建造物を背景に結婚式を挙げることができる会場もあります、

便利さにびっくり!ウォーターサーバーの利点

温水と冷水を簡単に使い分けられる

ウォーターサーバーには、5℃から10℃程度に温度設定が可能な冷水機能と、温水機能が備わっています。そのまま飲むのにちょうどよい冷えたお水と、お茶やコーヒーを淹れるのにぴったりな温水を、簡単に使い分けることができるのです。天然水やろ過されたRO水がセットされていますので、水道水のようなカルキ臭もありません。いつでも好きな温度で、美味しいお水を飲むことができるのです。乳幼児がいる家庭の場合、ミネラル成分が少ない軟水を選べば、ミルク作りにも活用できます。ウォーターサーバーを活用すれば、粉ミルクを作る際にかかる手間を大きく削減することが可能です。

料理にかかる時間を短縮

温水機能を活用すれば、お料理にかかる時間を短縮することもできます。冬場など気温が低い時期は、お水を入れた鍋を火にかけても、なかなか沸騰しません。煮物や汁物を作る際、お湯がなかなか沸かずにイライラしたことがある方は多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーから温水を汲めば、沸騰までにかかる時間を大きく短縮することができます。パスタやうどんなど、麺類を茹でたいときにも非常に便利だといえるでしょう。茹でた食材を冷水で冷やしたいときにも、ウォーターサーバーが活躍します。夏場にそうめんを茹でた際などにも、冷水機能を使えば手早くしっかりと冷やすことができるでしょう。

断水時にも安全な水が飲める

日本は地震が多い国ですから、日頃からきちんと災害に備えて備蓄を行っておきたいものです。備蓄する品物の中で、もっともかさばりやすいのはお水だといえるでしょう。万が一断水等になった時、備蓄しているお水の量が少ないと、生活に様々な不便が生じてしまいます。ウォーターサーバーの宅配水は、ボトルやパック等に密封されていますので、比較的長く保管することが可能です。定期的に宅配されてくる形となりますので、常に一定量のお水を備蓄することができます。

受水槽式を採用しているマンションの場合、停電の影響で一時的に水道が使えなくなることもあるでしょう。そうした場合でも、備蓄されているお水がたっぷりとあれば、安心して過ごすことができます。いざという時のための備えとしても、ウォーターサーバーが役立つのです。

電気代の節約になる場合も

冷蔵庫の電力消費量は、扉を開けしめする頻度によって変わってくるといいます。何度も扉を開けていると、その度に内部の冷気が逃げてしまい、電力を多く消費してしまうのです。ミネラルウォーターのボトルを常に冷蔵庫で冷やしているという方の場合、ウォーターサーバーを導入することが、電気代の節約につながる可能性もあります。

アパートやマンションで暮らす人にとってもウォーターサーバーは便利です。水は宅配なので買いに行く手間が省けます。

ゲストを楽しませよう!結婚式におすすめの演出

ウェルカムボードで盛り上げよう

結婚式場の入り口に置いておくウェルカムボード。ゲストをお迎えするためのものですが、ボードや空間を工夫してみると盛り上がります。結婚式の前に撮影した二人の写真や幼少の頃の写真、二人が付き合いだしてから結婚するまでの思い出の写真など、さまざまな写真を置いておくのも楽しいですね。またバルーンや花などを飾りつけたフォトスペースを設置するのもおすすめ。ドレスや着物など着飾ってきたゲストたちはたくさん写真を撮りたいものです。写真撮影用のブースを作っておけば、喜ばれること間違いなしです。

フラワーシャワーやシャボン玉シャワー

挙式後、花びらを新郎新婦に投げるフラワーシャワーは華やかで楽しいものです。結婚式の定番とも言えるものですね。花びらだけでなくシャボン玉を使ったバブルシャワーもおすすめ。キラキラと輝くシャボン玉はきれいで、写真映えもします。フワフワと中に舞うたくさんのシャボン玉は幻想的。特に結婚式でちょっと飽き気味の小さい子どもたちは大喜びしますよ。バブルシャワーは挙式後だけではなく、披露宴の入場や退場のタイミングなどいろいろなシーンで使えます。他にも、リボンシャワーやパールシャワー、スターシャワーなど種類も豊富です。

ロマンチックなダーズンローズ

新郎がゲストから1本ずつ受け取った花をブーケのようにまとめ、新婦に差し出しプロポーズをする演出がダーズンローズです。ブーケセレモニーとも呼ばれるこの演出は、新婦が新郎から差し出された花束の中から1本だけ抜き取り、新郎の胸元に飾り二人の誓いが成立するというもの。ダーズンローズは“12本のバラ”という意味で、バラには「感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠」といったメッセージが込められています。美しくロマンチックな演出ですね。

ケーキ入刀よりおすすめ?!カラードリップケーキ

「夫婦になって初めての共同作業です!」でお馴染みのケーキ入刀ですが、カラードリップケーキの演出もおすすめですよ。真っ白なウェディングケーキにカラフルな色の蜂蜜やベリーソースを二人で一緒にかけるのが、カラードリップケーキです。真っ白なケーキに鮮やかな色のソースが映えてとてもキレイ。ソースを掛ける前と後では、ケーキの雰囲気がガラッと変わるのも驚き。ソースはフルーツ系のほかチョコレートやキャラメルなどいろいろあります。ゲストも新郎新婦も楽しめる演出です。

ブーケトスの代わりにブーケプルズ

新婦が持っているブーケからリボンを出して、ゲストがブーケを引き当てるのがブーケプルズです。新婦とゲストの距離も近く、屋内でもできる演出。ブーケトスのように動きも激しくないため、和装でもできるのがメリットですね。

四日市の結婚式場は、ガーデンで挙式ができる所があります。自然に囲まれた開放的な雰囲気は、自分達だけでなくゲストもリラックスできます。

ゲストに喜んでもらいたい!結婚式でみんな満足のおすすめ演出4選

ブライズメイドとアッシャーで友人にも出番を!

ゲストが退屈する結婚式は、新郎新婦ばかりがクローズアップされて、ゲストはずっと座りっぱなしという結婚式です。新婦に付き添うブライズメイドと新郎に付き添うアッシャーを友人に頼むことで、友人の出番が増えゲストに楽しんでもらうことができますよ。ブライズメイドとアッシャーは、お揃いの衣装でそろえると一体感が出て、新郎新婦を華やかに彩り、結婚式も盛り上がります。仲間で結婚式を作る手作り感も出て、鼻持ちならない結婚式とは無縁のアットホームな式を挙げることができますよ。友人だけでなく従妹や兄弟など親族に依頼すると、両親も大喜びしますね。

ゲストの度肝を抜く!プロジェクションマッピング

結婚式も似たような演出が続けば、退屈だと感じる人が増えるでしょう。そこで、ゲストの度肝を抜いて楽しんでもらう方法として、プロジェクションマッピングがあります。式場の壁に美しい光と映像を映し出すプロジェクションマッピングはアトラクション感覚で見る人を楽しませてくれます。小さな子供が出席する結婚式にもおすすめの演出ですよ。二人の出会いや思い出の場所などをムービー風に演出することができると、素敵な思い出になりますね。さらに、音楽を加えることができれば、臨場感がプラスされ会場はさらに盛り上がるでしょう。

会場全体が盛り上がる!マネキンチャレンジ

マネキンのように静止した姿を動画で撮影するというマネキンチャレンジは大人数でやるととても盛り上がります。単純に立っているだけでなく、動きを途中で切り取ったような体制がおすすめです。結婚式では乾杯をしているシーンなどは高齢のゲストも身体的な負担が少なくてチャレンジしやすいですね。また、有名な絵画を模したようなマネキンチャレンジも楽しいですよ。新郎新婦がマネキンチャレンジに参加するゲストを読み上げていくという演出にすると、ゲストには緊張感があり退屈しません。撮影した動画を、すぐに編集してエンディングに流すとゲストは、とても喜んでくれるでしょう。

ゲストが幸せな気持ちになれる!クロージングキス

クロージングキスは、結婚式も終わりに近づき、そろそろ新郎新婦も退場の時というタイミングで、二人がキスをする演出です。結婚式では、挙式には参列せずに披露宴にのみ参加するゲストもいますよね。また、挙式が神前式の場合など新郎新婦のキスを見ることができないケースがあります。そのような場合、結婚式のラストで新郎新婦のほほえましいキスを見ることができたら、ゲストはほっこりとした幸せな気持ちで帰宅ができるでしょう。最後の最後でゲストを驚かせるサプライズ的な演出です。

大阪の結婚式場選びをする時は交通アクセスを確認することがポイントです。駅や空港近くの結婚式場は、遠方からのゲストも参加しやすいです。

ウェディングの前におすすめしたいブライダルエステの魅力とは?

豊富なメニューから自由に組み合わせることができる

ウェディングの前にスキンケアや脱毛をしておきたい時は、若年層の女性に広く選ばれているブライダルエステと契約を結ぶことがおすすめです。特に、ブライダルの専用のコースがある店舗においては、シェービングやボディケア、フェイシャルエステなどの豊富な施術メニューの中から、自分好みの施術を選択できるというメリットがあります。また、複数の施術メニューをまとめて申し込むことで、大幅に料金を割引してくれる店舗の数も増えているため、予算内で満足のいくサービスを受けられる店舗をしっかりと選ぶと良いでしょう。なお、施術メニューの種類や施術の回数については、店舗ごとに違いがあるため、早いうちに口コミの評価が高い店舗のコンセプトをきちんと確認しておきましょう。

定額制で好きなだけ施術を受けられる店舗も多い

結婚式場と提携をしているエステ店の中には、定額制で期間内に好きなだけ施術を受けられるシステムを採用しているところが多くあります。そのため、ウェディングまでの間に理想的な肌の状態を目指したい場合には、美容に関するポータルサイトや雑誌などに目を通して、リーズナブルな料金で長く通える店舗を探してみましょう。たとえば、全国展開をしている大手のエステ店では、基本の施術メニューだけでなく、顧客の希望に応じてオプションメニューにも幅広く対応しているところが目立ちます。そこで、それぞれの店舗の施術メニューの特徴について把握するため、余裕をもってカウンセリングの申込をすることが大事です。

一生に一度の結婚式をよき思い出として残すには、ブライダルエステを利用して容姿をキレイに見せることもひとつの方法です。

こんないいことあったんだ!前撮りするメリット

和装の写真を撮ることができる

結婚式で和装の衣装を着てみたいと思っている人は多いです。しかし、時間や費用の関係でドレスしか着用できないことも少なくありません。そんなときは、前撮りするのがおすすめです。前撮りをすれば、和装で写真を撮ることができます。当日に着れなくても、写真で思い出に残すことが可能です。和装の写真を撮る場合は、さまざまなデザインのものを着用してみるとよいでしょう。デザインによって、印象が大きく変わります。前撮りすれば、いろいろな和装姿の写真を選ぶことができます。

前撮りで撮影すれば、結婚式のウェルカムボードに和装の写真を載せることも可能です。当日には、ドレス姿しか披露することができなくても、写真で和装姿をお披露目することができます。和装で撮った写真をエンドロールで使用したり、プロフィール映像に取り入れたりするのもおすすめです。結婚式で見ることのできない姿をみて、喜んでくれるゲストも多いです。

晴れの日に撮影できる

結婚式当日の天候を選ぶことはできません。そのため、結婚式当日が雨となり、ガーデンを使用することができないことも少なくありません。ガーデンでたくさん写真を撮ろうと思っていても、雨のため外に出ることができず、悲しい思いをする人もいるでしょう。前撮りであれば、撮影をする日にちを自分の都合に合わせて選ぶことができます。また、撮影当日に天候が悪い場合は、他の日に変更することも可能です。そのため、すっきりと晴れた日にガーデンで撮影することができるのでおすすめです。

成人式は、前撮りがおすすめです。事前に髪型やメイクの雰囲気を知ることができ、成人式当日ほかのヘアメイクに変えることもできます。

ローソファーはメリットばかり?本当のことをお教えします!

愛用者が多いローソファーのメリットとは

インテリアショップやネット通販でも多く見かけるようになったローソファー。その使いやすさとデザイン性が人気の理由となっています。ローソファーは座面や背もたれが低く圧迫感がないので、お部屋が広々と見えるという人が多いようですね。また、普通のソファーに比べてデザインに幅があることも魅力です。脚部がないローソファーを選べば和室に置いても違和感が無いですよね。

頻繁にお部屋の模様替えをする人にもローソファーは人気となっています。ローソファーは軽くて移動しやすいメリットがあります。使い勝手の良いセパレートタイプが多いことも特徴です。そして何と言っても、ゆったりと過ごせる快適さが一番の人気の理由でしょう。ローソファーは座るだけではなく寝転がるのにもぴったりな高さなので、ついダラダラと過ごしてしまうんですよね。そして気づいたら寝てしまうことも…。こんな風にのんびり過ごしたい人に、ローソファーはオススメです!

知っておきたいローソファーのデメリット

メリットばかりに思えるローソファーですが、実はデメリットもあるのです。ローソファーを購入して多くの人が後悔するのが、他の家具との相性が悪いことです。特に、座面が極端に低いローソファーの場合、テーブルとの高さが合わず使いづらさを感じることでしょう。ローソファーに座ると視線も低くなるので、テレビボードがロータイプでは無い場合は視聴しづらくなります。また、最初は快適に使っていても、しばらくするとローソファーから立ち上がることに負担を感じるようです。ソファーは長く使う家具ですから、メリットばかりに目を向けずデメリットもきちんと考慮して、自分にぴったりのローソファーを選んでくださいね!

ローソファーは床に座ることが多い和室にもピッタリです。部屋のテイストを崩さず、ソファでくつろげる空間が作れます。

  • 1
  • 2