今どきの引き出物事情!両家でもめないよう準備して

引出物の準備の基本とは

結婚式の準備では、引出物をどうするかも考えなくてはなりません。引き出物は、一般的に記念品とお菓子で構成されていて、縁起物といわれるかつお節や赤飯などを加える場合もあります。もともとは割れない数字の3品が基本でしたが、今どきは、地域や家ごとの慣習により、2品とお見送りの時のプチギフトで3品と数えることが一般的です。記念品は、想定されるご祝儀の10分の1程度、お菓子は相手によらず1000円から1500円のものが相場です。また、贈り分けといって、親族や友人など関係や年代によって、記念品を選び分けておくのが一般的で、ゲスト全員に同じものを渡すほうが少数派になります。

贈り分けスタイルとは?

贈り分け方式は、平均で4パターン用意する新郎新婦が多く、両家の意見が割れたときも便利です。相手の両親がカタログギフトを希望し、自分の両親は通常の引出物のスタイルにしたい場合、両家で同じものを贈るべきという決まりはないので、家ごとやゲストに合わせて問題ありませんが、事前に新郎新婦がそれぞれの両親に伝えておきましょう。感覚や好みは人それぞれで、相手が選ぶものを否定したり、誤解されたりしないように、言葉を選んで伝えるようにします。

近年は、もらって迷惑にならないが最優先です。そのため、カタログ式ギフトのバリエーションも増えており、引き出物では断トツの人気となっています。一人当たりのギフトの相場としては平均で6400円程度で、引き出物袋の相場は500円程度になっていて、一世帯にワンセットが主流です。

一生に一度の結婚式を京都の結婚式場を使ってあげる場合、自分の目で施設をきちんと確かめることが大切です。多くの施設を見学してまわる人も多いです。