ローソファーはメリットばかり?本当のことをお教えします!

愛用者が多いローソファーのメリットとは

インテリアショップやネット通販でも多く見かけるようになったローソファー。その使いやすさとデザイン性が人気の理由となっています。ローソファーは座面や背もたれが低く圧迫感がないので、お部屋が広々と見えるという人が多いようですね。また、普通のソファーに比べてデザインに幅があることも魅力です。脚部がないローソファーを選べば和室に置いても違和感が無いですよね。

頻繁にお部屋の模様替えをする人にもローソファーは人気となっています。ローソファーは軽くて移動しやすいメリットがあります。使い勝手の良いセパレートタイプが多いことも特徴です。そして何と言っても、ゆったりと過ごせる快適さが一番の人気の理由でしょう。ローソファーは座るだけではなく寝転がるのにもぴったりな高さなので、ついダラダラと過ごしてしまうんですよね。そして気づいたら寝てしまうことも…。こんな風にのんびり過ごしたい人に、ローソファーはオススメです!

知っておきたいローソファーのデメリット

メリットばかりに思えるローソファーですが、実はデメリットもあるのです。ローソファーを購入して多くの人が後悔するのが、他の家具との相性が悪いことです。特に、座面が極端に低いローソファーの場合、テーブルとの高さが合わず使いづらさを感じることでしょう。ローソファーに座ると視線も低くなるので、テレビボードがロータイプでは無い場合は視聴しづらくなります。また、最初は快適に使っていても、しばらくするとローソファーから立ち上がることに負担を感じるようです。ソファーは長く使う家具ですから、メリットばかりに目を向けずデメリットもきちんと考慮して、自分にぴったりのローソファーを選んでくださいね!

ローソファーは床に座ることが多い和室にもピッタリです。部屋のテイストを崩さず、ソファでくつろげる空間が作れます。