結婚式場選びの盲点!?これだけはチェックしておきたい事

雰囲気は変えられない!

こんな結婚式がやりたい!という具体的なイメージがある人は勿論、なんとなくこんな感じがいいなぁ、というぼんやりしたイメージしかない人も、確認しておきたいのが式場の雰囲気。それぞれの結婚式場には、得意としている雰囲気が存在します。ガーデンウェディングに力を入れているナチュラルな式場、厳かな挙式を実現できるクラシカルな式場、砕けた雰囲気で参列者と楽しめるカジュアルな式場。式場見学をする際に、挙式会場や披露宴場のほかに、庭や写真撮影スポットなどもチェックして、その式場が得意としている雰囲気を見ておきましょう。

着たいドレスがない!?

「ドレスの種類豊富です!」「数百着ご用意しています!」という謳い文句に安心して、いざ試着に行ったら自分の着られるサイズのドレスは数点しかなかった、なんてガッカリですよね。どんなに種類豊富でも、その中に自分が着たいと思えるドレスがなければ意味がありません。式場によって、取り扱いのあるドレスブランドは決まっていることが多く、イメージが似通っていることもあります。事前に試着室を見学したり、ドレスのカタログを見せてもらったりして、自分の好みがあるかどうかチェックしておくとよいでしょう。もしも、このブランドのドレスが着たい!と予め決まっている場合は、取り扱いがあるかどうか、提携ショップはあるかどうかを、必ず確認しておきましょう。

お口に合わない!?試食は欠かせない

せっかく来てくれたゲストには、美味しいお料理でおもてなしして、満足して帰ってもらいたいですよね。式場見学の際には必ず試食をして、料理の味をチェックしておきましょう。年配の方を多く呼ぶ場合は、濃い味や個性的な料理は避けたほうが無難です。ゲストの苦手食材に対応してもらえるかどうかや、コース料理の内容をアレンジできるかどうかも式場によって異なります。また、ドリンクの種類も事前に確認しておくと安心です。

持ち込み料で予算オーバー!?

式場が概算してくれる予算に入っていないことが多い為、後々予算オーバーになる原因になりがちなのが持ち込み料です。どうしても着たいドレスが提携店になかったから持ち込みたい。友人が作ってくれたブーケを使いたい。アクセサリーは安く済ませたいから自分で作りたい。卒花さんが譲ってくれたベールやグローブを使いたい…etc.

実はこれらのどの場合も、持ち込み料が発生することがあります。せっかく節約になると思って安いものを探し回ったのに、持ち込み料で予算オーバーだなんて悲しすぎますよね。ドレス、靴、アクセサリー、ブーケ、カメラマンさん、ヘアメイクさん、引き出物、プチギフト…など、持ち込みをした場合はどれくらいかかるのか、事前に確認しておくことをお勧めします!

神戸の結婚式場には、神戸ならではのオシャレな雰囲気の式場が数多くあり、駅から近くてアクセス抜群な式場が人気です。