挙式を盛り上げたい人にもおすすめ!チャーミングなリングべアラーをお願いしたい!

新郎新婦だけじゃない!挙式の主役がここに!

チャペルで行われる挙式のクライマックスとも言えるのが、指輪交換の儀式です。結婚指輪をお互いの指にはめて、二人の愛が永久の物になるように誓い合うのです。この時に使う結婚指輪は、リングピローと呼ばれる小さなクッションに乗せて大事に保管されていますよね。大事な指輪をリングピローごと運んでくる子供は、リングべアラーと呼ばれています。男の子の場合はリングボーイ、女の子の場合はリングガールと呼ぶことも多いですよね。おめかししたリングべアラーが指輪を運ぶ姿はとても愛らしく、無事に役目を果たせるか会場中の人間がほほえましく見守ることになるので、挙式中にゲストを退屈させたくない時にもおすすめの演出と言えます。

どんな子供が適任なのか知りたい!

海外ではリングべアラーは自分の親戚の子供にお願いするものと考えられています。しかし日本では厳格なルールはないので、親戚にリングべアラーができそうな子供がいない場合などは、友達の子供に頼んでも構いません。子供の年齢は小さすぎると最後まで役目を果たせないことも考えられるので、4歳から大体10歳くらいまでの子供にお願いするといいでしょう。衣装は子供向けのフォーマルな衣装を販売しているお店で購入することができます。リングピローを乗せる台車や、天使の羽やティアラなども準備しておくと、よりかわいらしさがアップするのでオススメ。頑張ってリングべアラーとして、自分の役目を果たしてくれた子供用のご褒美も用意してあげてくださいね。

日本には多くのパワースポットが存在しますが、その中でも人気や恩恵を得られると有名な鶴岡八幡宮で結婚式ができます